TOP HEAT BARRIER
トップヒートバリアー

冷暖房電力削減の切り札
トップヒートバリアー

夏は涼しく冬は暖かく。大幅省エネを実現します。

様々な建築物の屋根に使用されています

暑さ寒さは気温だけでなく幅射熱の量も重要

日向も日陰も気温や湿度は同じですが、日陰は幅射熱の一部がカットされ、涼しさを感じます。このように暑さ寒さは、気温や湿度だけでなく幅射熱の量も重要な要因なのです。

遮熱か断熱か?

幅射熱を阻止するには遮熱材が有効で、トップヒートバリアーは熱の98%を反射することができます。遮熱も断熱も熱を阻止する目的は同じですが、建物については圧倒的に幅遮熱の量が多いので遮熱の方が有効であると言えます。

トップヒートバリアー

トップヒートバリアーの3つの特徴

POINT 01

家計に優しい!

木造2階建ての2階天井裏のみにトップヒートバリアー THB-M 0.2mmを施工した場合の電気量の削減量を調べてみました。この2年間で電気設備等の増減はなかったので、電気使用量の差を冷暖房費の削減としました。

1年間で削減された電気代 年間電気使用量の推移
家計に優しい!

POINT 02

生活環境に優しい!

生活環境に優しい!

1階室内の温度を見ると、遮熱施工前は天井と床の温度差は7℃でしたが、遮熱施工後は何と2℃となりました。遮熱する と室内の温度差が少なくなることによって、対流の速度が遅くなり、サッシへの熱の供給量も少なくなります。このため、この家ではサッシの結露が止まりました。さらに床上の温度は遮熱施工前が14℃であったのに対し、遮熱施工後は19℃と5℃も上昇。冬の寒さが大幅に緩和されました。夏場の2階は超日陰の状況ですから、エアコン使用量が大幅に減るばかりか、少し風があれば窓を開けておくと非常に涼しい超日陰の環境になります。

POINT 03

健康に優しい!

・熱中症対策に効果的

熱中症は体温が上がることにより起こる機能障害と言われています。
これを防止するためには、こまめに水分と塩分を取ることが大切と言われていますが、子供やお年寄りには なかなかできることではありません。
天井や壁等を遮熱することにより、体温を上げる要因が大幅に減少しますので熱中症対策には非常に効果的です。

・冷房病対策に効果的

遮熱することにより、室温はこれまでより高くなっても暑さを感じにくくなります。従ってエアコン使用頻度が非常に少なくなりますので、冷房病対策には効果的です。

・脳卒中対策に効果的

室内の温度差が5℃以上になると脳卒中になり易いと言われていますが、遮熱することにより室内の温度差が少なくなりますので、脳卒中対策にも効果的です

トップヒートバリアー遮熱工法その他の特徴

  1. 施工費が安いので、最も投資効率が高い工法と言えます。一般的に2~3年で資金回収が可能です。
  2. 一度施工すると、半永久的な効果を発揮し、改築時の再使用も可能です。
  3. メンテナンスが全く不要です。電気代もかからないランニングコストゼロシステムです。
  4. 改造工事等が不要ですので、工事は短期間で完了します。